コルトーナ

C

オルトーナはアレッツォ州のヴァルディキアーナにある小さな中世の村です. 街は約で丘の上に建てられた古代エトルリアの壁に囲まれています 600 高さメートル. 高い位置で, コルトーナは、ヴァルディキアーナとトラジメーノ湖の素晴らしい景色を楽しめます (ウンブリア). 街のシンボルは 町役場, 時計のある塔と、レピュブリカ広場を見下ろすセレナ石の階段が特徴です.

コルトーナにはいくつかの魅力があります, 最も重要なのはフラ・アンジェリコによる告知 presso il 教区博物館, ザ・ MAEC (エトルリアアカデミー博物館) nel quale è conservata la tabula Cortonensis. エリアのさまざまなエトルリア地域からの多くの発見物も展示されています. 他の見どころは: ジリファルコの要塞 costruita a scopo militare, 今日は一般公開, インクルード サンタマルゲリータの聖域, 街の守護聖人. Da non perdere l’フランシスコ会エルミタージュ「ルセル」, アッシジの聖フランチェスコによって建てられた最初の修道院 1211, 今日、兄弟たちの小さなコミュニティが住んでいるところ, ここでは、小さなセルを訪れることができます San Francesco ha dormito.

Nell’area si producono inoltre ottimi シラーなどのDOCワイン, inoltre in Valdichiana inoltre si alleva ラキアニーナ, una delle razze bovine italiane più antiche e pregiate. 私は終わった 30 そのレストラン dentro le mura antiche della città principalmente orientati nella cucina tradizionale locale.

108 大洪水から数年後, ノア, テヴェレ川の河口からの航海…ヴァルディキアーナに入り、この場所に恋をしました…とても肥沃な土地だったので, ここに滞在することにしました 30 年. 彼の子孫, その中にクラノという名前の息子がいました…彼は普遍的な洪水の後の273年にコルトーナの街を設立しました.

コルトーナの歴史的中心部の内側と外側の両方, あなたは歴史に富んだ珍しい美しさの小さな宝石を見つけるでしょう, 典型的なトスカーナの建築. 数多くの教会の中で, 建物やお店, あなたは歓喜の中で街を賞賛するのに何時間も費やすことができます, 何度も何度も見るのに飽きることなく、その壁や宗教的モニュメント.

ブドウ園が豊富なモンテプルチャーノの土地

ヴィーノ・ノービレの故郷

サンジョヴェーゼのブドウから最小量に等しい量で得られます 70% そして彼らはしばしばそれを伴います カナイオーロネロ, コロリーノ e マンモーロ, 少なくとも成熟している 24/36 それを与える樽またはバリックで数ヶ月強烈な着色e インクルード complessità dei profumi con note olfattive fruttate rese più complesse dai lunghi periodi di 洗練, che aggiungono sensazioni terziarie di バニラ, 甘草 e タバコ.

また発見する…